進歩する心不全の治療

慢性心不全の患者様は、長期的に、そして進行性に心臓の機能が低下していきます。
原因や病態などにより治療も異なってきますが、
慢性心不全患者様に行われる主な治療について紹介します。

写真はイメージです

薬物療法

薬物療法は、できるだけ長生きできること、また、できるだけ症状が少なく快適に生活できることを目指して行われます。

心不全治療に用いられる主な薬剤

むくみを
改善する薬剤
利尿薬
心不全治療で用いられる基本的な薬の1つです。体内の水分を尿として体外へ排出し、肺うっ血による息苦しさや呼吸困難、むくみの改善が期待できます。とても重要な薬ではありますが、使いすぎることで脱水症状を引き起こすこともあり、薬の量(服薬量)の調整が重要です。
心臓のはたらきを
強める薬剤
強心薬
強心薬には心臓の收縮力を強める作用があります。しかし、長期にわたって使用することは逆に心臓に負担をかけることから、必要な患者様を見極め、必要最低限の用量を短期間用いることが推奨されています。心不全の度合いが大きい入院患者様に対しては、点滴として少しずつ使用することもあります。
心臓を休ませ、
心不全の進行を防ぐ薬剤

アンジオテンシン変換酵素( ACEエース)阻害薬

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬( ARBエーアールビー

アルドステロン拮抗薬
ACE阻害薬とARBは、本来は高血圧の治療薬ですが、水分やナトリウムが体内に留まるのを防いだり、血管を拡張させたりすることで、心臓への負担を軽減する作用もあることから、多くの心不全患者様の予防や治療に使われています。
βベータ遮断薬
心臓の働きを抑え、休ませる作用があります。以前は心不全にβ遮断薬は禁忌とされていましたが、最近は心臓の機能を改善することを目的に少量から開始され、時間をかけて、患者様に適した量に増量されます。
心臓が機能しやすい
環境を整える薬剤
抗不整脈薬
不整脈は心不全の発症・悪化に大きく関係するため、不整脈の発生を抑制する目的で一部の患者様に用いられます。
抗血小板薬
脳血管障害や心筋梗塞などを起こしたことがある患者様は、血管の中に血の塊(血栓)ができやすいため、血栓ができにくくする抗血小板薬が使用されます。
抗凝固薬
心房細動(不整脈の一種)のある患者様も血の塊(血栓)ができやすく、それが脳梗塞の原因になることもあることから、その血栓をできやすくしないために使用されます。

そのほか、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの病気を持っている場合にも、それぞれの病気を治療する薬剤の使用が必要となります。

主な非薬物療法

心臓リハビリテーション
(包括的心臓リハビリテーション)

心不全の病態の進行を抑え、急性増悪や入院・再入院を減らし、快適な社会生活を実現するために行う多面的かつ包括的な治療です。心臓リハビリテーションは、医師、看護師、理学療法士などの多職種の医療チームが相談し合って、患者様の状態に合わせて行う治療です。

継続して実施することで体力が回復し、心機能が改善、筋力が増強、呼吸機能が改善し、その結果、死亡率や入院率が低下することが期待できます。
また、運動によって不安、抑うつを軽減し、生活の質を改善する効果も期待できます。最近では、運動療法だけでなく、生活習慣の改善やストレスのコントロール方法などについても助言が受けられる「包括的心臓リハビリテーション」が実施されています。

呼吸補助療法( NPPVエヌピーピーヴィおよびその一種である ASVエーエスヴィによる治療)

肺うっ血による呼吸困難症状の改善などを目的に、マスク式の人工呼吸器(NPPV)を装着する治療です。最近では心不全患者さんに専用に開発されたASV(Adaptive Servo Ventilator アダプティブ サーボ べンチレーター)という装置が自宅で使用されることがあります。
心不全が重症化して心臓が全身にうまく血液を送り出せなくなると、心臓だけでなく肺に血液が滞り(肺うっ血)、肺に水分がしみだしてきます。そうすると肺が上手く酸素を取り込めなくなり、息切れや呼吸困難が現れます。特に夜間に横になることで、しばらくすると息苦しくなる場合があります(発作性夜間呼吸困難)。これは、夜間に 臥位がい(寝る姿勢)をとることで心臓に戻ってくる血液の量が増え、心臓や肺に血液が滞り、肺うっ血と呼吸困難が悪化するからです。ASVは眠っている間にマスクから肺に空気を送り込み、呼吸を助けるとともに過剰に血液が戻ってくるのを防ぎ、肺うっ血を改善することが期待されて使用されています。

酸素療法

慢性心不全患者様は、急性増悪を引き起こした時に酸素不足を補うために酸素療法を受ける事がありますが、慢性期に呼吸不全が合併し、ご自宅でも睡眠時や労作時(体を動かした時)に、安静時には予測できないほどの酸素不足が生じて、心臓やその他の臓器の負担となってしまう人もいます。そのような患者様は、酸素不足を改善するために、専用のチューブやマスクを鼻に着け、ご自宅で酸素を吸入します。この場合、酸素濃縮器という専用の酸素発生装置から自宅で酸素を吸入し、これを在宅酸素療法といいます。なお、日中や夜間における思わぬ酸素不足の検査には、腕時計型の酸素飽和度測定装置(連続測定が可能なパルスオキシメータ)が使用されています。

検査についてはこちら

ペースメーカー治療

ペースメーカーは、リードと呼ばれる導線を使って心臓に電気刺激を与えることによって心臓の動きを調整する治療です。いずれもすべての患者様に対して有効というわけではなく、適応の見極めが重要です。

CRTシーアールティー(心臓再同期療法)
血液を肺に送り出す右心室、全身に送り出す左心室の両方に対して電気刺激を与え、左右の心臓の動きを調整して機能を高める装置です。胸の皮膚の下に植込んで使用します。
ICDアイシーディー(植込み型除細動器)
駅や飛行場、劇場などにも設置されている AEDエーイーディーという装置を、小型化してペースメーカーと同じように体内に植込むようにしたものがICDです。重症心不全の病態では、心室性不整脈を起こすリスクが高まります。ICDは、突然死の危険性がある重症の心室性不整脈を治療するために体内に植え込まれます。
CRT-Dシーアールティーディー(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)
CRTにICDの機能を加えたものがCRT-Dです。ICDと同様、致死性の不整脈を合併した心不全に用いられます。

その他の治療について
(外科的治療や補助人工心臓など)

上記の内科的な治療以外に、適応の患者様に対しては、“肥大した心臓を小さくする、弁を修復または人工弁に取り換える、冠動脈の血液を改善する、動きが悪くなった心臓の筋肉を切り取る”などの目的で外科的な手術が検討されることがあります。
内科的・外科的治療が施されてもなお心不全症状が残る患者様において、条件を満たす場合には心臓移植が検討されます。心臓移植を待つ間に補助人工心臓( VADバド)を使うことがあります。この装置は、血液を送り出す力が弱くなってしまった心臓の働きを補助する装置で、ポンプが心臓から血液を吸い上げて全身に送ります。以前はポンプが体の外に出ているタイプが主流でしたが、最近ではポンプが体内に植え込まれているタイプが広く用いられています。この治療法は現在、心臓移植までの橋渡し治療と位置づけられていますが、これからは心臓移植の代わりとして恒久的に使用されることが期待されています。

心不全治療はその原因や病態などにより異なりますので、
自己判断せずに、主治医の指導に従いましょう。